NBM2

natural born minority

俺と生活とgolang

俺と生活とgolang

2016/04/17 第03回関西golang勉強会


例によって…だれやねん?


自己紹介

![筆者近影](images/oukan.png)

三浦 一仁 (みうら かずひと)

  • 通称 : みうみう、「なんで来たん?」氏
    • 最近は初対面の人にも言われる…。
  • Twitter : @kazuhito_m
  • github : kazuhito-m
  • 老害度 : 38歳、独身、意識低い系
  • 職業 : プログラマ(SIer、ビジネスアプリ属)
  • 好きなもの : 自動化、「継続的なんちゃら」
    • CI/CDとか大好物
    • 「楽する」ためには「苦労は厭わない」

golangは?

-> 好きです。今からはじめます。


golangは今からはじめます。

※ここ重要。


と、言うような茶番を前回もやってですね…

前回のあらすじ


ちーとも、進んでおりません!

「アイツ、唐揚げ食べたいだけちゃうんか?」説も…。


なんで来たん?


ほっといたら「いつまでもサボる」この体たらく、

だので…


ちょっと「中の人名乗る」のもおこがましいんちゃう?

なんかやらなあかんちゃうの?

などあって「なんちゃってヤル気」を見せたところ…


○チョウ○楽部ばりの

どうぞどうぞ

を頂戴し…


本日はここに立っております!

どうぞよろしくお願いします。


まー押しなべると…

「初心者がgolangやってみた」枠

で「ありがち」な「気付き」とかをお楽しみ頂く枠、
とでも思っていただければ…。


自分のスタンス


最近、言われるんですよ…

  • 「そんなんじゃ甘いよ」(主に勉強とかに)
  • そんな「一銭にもならんこと」に熱をかけて…
  • 仕事をなめとるな…
  • もうすこしヤルことあるやろ!

などと言われガチ凹みなのですが…


そもそもですね

スタンスが違う

のですよ…

<div style="background-image: url('images/23.jpg'); background-repeat: no-repeat; background-position: center center; opacity: 0.30; "> <div style="color: black;">「錬金術師よ、
大衆のためにあれ」</div></div>

…ではなくてですね…(若干似てるけど)


技術は「自身の生活を楽にするため」に学ぶ

が俺のスタンスなんですよねー。


てことで。

興味をもって学んだものが”たまたま”仕事に役立っている

のが現状だったりします(10年間以上たまたま)


最近の
エピソードから


自分、基本的に「ぼっち」

なのですが…

最近、奇跡がおこりまして

とてつもなく久しぶりに来客があった

のですよ!


ところが…

長く引き止めすぎてしまい、

「ハヨ帰りましょう!帰りましょう!」

と炊きつける結果になり…。

駅についた「その時」が

最悪

でして…。


  • 電車は20分くらいこないわ
  • 周りに時間潰せる頃合いの店はないわ
  • 気温は寒いわ
  • 「(この時間に)なんできたん?」言われるわ…

という

おもてなしどころか、
砂かけるような結果

ということになってしまいました。


凹んだ三浦は…

「これはいけない!”技術の力”で生活をよくしなければ!」

と、考えたわけです。


どんなものだ良いだろうか…

そうだ!

ボタン押したら<p>「2つあとくらいの電車の来る時刻」を教えてくれる</p>ヤーツ

なんか、すごくラフに出来てよさそうですね!


というわけで…

next-button

作ってみました!


どんな事してるどんなものか…

内部的には

image

こんな感じ。


大体Linuxの機能でできるやん

そういやここは「golang勉強会」…

どこがgolang製で出来てんの?


ここでした

image

「インターネットの情報を取得」して
「サーバが話すためのテキスト」を作成するところ。


デモ

若干ズルしているが…


golang
の感想

わりと雑な気づきの列挙


RaspberyPIへのGolangのインストール

「本家」からarmv6l用の最新版落としてきて設定する一択!

  • インストール方法は4種類くらい情報が転がってたが
    • 「ビルドこける」か「古い」かばかりだった。

テストについて

「独特の考え」があること

  • 基本的に「豪勢なテストFW」は(標準では)ない
    • assertはない
      • 「なぜないか」がFAQになってる -
    • 何を提供しているか
      • NGの時に「情報を累積で出せる」仕組み

      • 「それをつけてりゃテストとしてあつかうよ」というインターフェイス

テストについて

  • goは「細かく自分で書こうぜ」という考え方
    • エラーメッセージもテストレポート自動生成にまかせんと、きめ細かく行こうぜ
  • go自身の標準パッケージのテストが色濃く現れてるから参考にするのがよさげ

日付の扱い(timeパッケージ)について

一通り揃っているが、なんとなく俺に合わない


CSVの扱い(encoding/csvパッケージ)について

「ほとんどなにもしなくて良い」ので快適だった

  • CSVは「中央(標準化協会)に決めた仕様がある」わけではない
    • だから定義が無数にありややこしい
    • だからオレオレがつくられやすく、各社に一つみたいなことになる

CSVの扱い(encoding/csvパッケージ)について

「ほとんどなにもしなくて良い」ので快適だった

  • golangのCSVの捉え方はスタンダードで使えそう
    • 分解処理や判定処理に工夫とか要らずで楽だった
    • “(ダブルクオート)ありかつ改行ありの、俗に言う「MSのCSV」にも対応

RaspberryPI についての感想


RaspberryPI についての感想

  • 「謎の挙動」のトラブルシューティングで時間が取られた
    • 急に再起動した上にその後再起動を繰り返す…ことについてどうせいと、のような
  • 「bashやなんらかのパッケージ」に仕事をさせるかgolangで書くかの境界を色々迷った
    • たとえば「ポーリングするループ」はどこに持たすべきか
    • 大体は、(おそらく俺がそっちのが得意なのか)bashにもってった

機器や別ソフトウェアまわり についての感想

  • 今回使った「頃合いの押しボタン」がメチャメチャ無い!
    • 「これいいな!」と思うものは「セット品の一部」か「海外製」か「端子が出てない」 ものばかり
    • 今回使ったのは「医療用」のボタン
    • 医療用のものになったとたんに「わけわからん高い金額」になる
      • まず5000円以下はない
      • 場合によっては「使用目的を書かされ、それが順当でないと売らない」ような店があった

機器や別ソフトウェアまわり についての感想

  • 電子工作が(俺は)出来ないので…
    • かなり遠回りしまくりながらtry & error祭りで乗り切った

全体についての(超雑なふわっとした)まとめ


全体まとめ

  • RaspberryPIとgolangでの「モノづくり」はすごく相性が良さそう
    • 「小物を多く作る」組み立て方になることが多く、フットプリントの軽いgolangが有利
    • (感覚的には)速度もまずまず − インストールも「コンパイル済みバイナリ」置くだけ
      • コレはちょっと何時まで提供されるか、いつまで使えるかわからないが
  • 自身の「生活のための工夫」に使う、とかドンピシャ合ってる(気がしてる)

全体まとめ

  • 何より「楽しい」よ!
    • アイディアが出た時にさっと実装出来る感じ
      • ある程度、アドホック(その場のノリでとっちらかして)に作っていってもまとめやすそう
        • golangのエコシステム(ま$GOPATHやね)に乗ってかつ1バイナリになるようなものを作ってる限りは
        • これは個人的意見
    • でも「そこで開発」はちょっと…
      • vimでコード書き&頻繁コンパイルは向いてないと思った

ご清聴、ありがとうございました


参考にさせていただいた
資料/サイト

こちら にすべて記載

blog comments powered by Disqus