NBM2

natural born minority

自作キーボード

自作キーボード

今回買ったのは…

Iris FR4 Plates Set

です。

https://yushakobo.jp/shop/iris-fr4-plates-set/

  • ほぼ組み立て済み
  • キーキャップとキースイッチ程度の買い物さえあれば、組み立てられる

## 組み立て

  • Iris Rev. 3 & 4 Build Guide
    • https://docs.keeb.io/iris-rev3-build-guide/
    • ほぼ、コレだけで行ける(はず)

ファームウェア書き込み

  • QMKfirmwareをビルドする
    • http://tech.synchro-food.co.jp/entry/2018/03/05/164342
    • 少しことなるところもあるが、「基本、このやり方」で踏襲する
    • 「書き込む順番」にも言及している
  • qmk-firmewareを使う方法
    • https://qiita.com/not13/items/d2ec93b27bcd4d890dcc
    • GUI版なのだが、なぜかLinuxがない
    • 余談(Linxu無いの?)のイシュー
  • ”Iris” 特化ページ
    • https://github.com/qmk/qmk_firmware/blob/master/keyboards/keebio/iris/readme.md
    • 以前とは位置が新調されているが、ここが正だと思われる
  • Iris rev.4 でビルドしている例
    • https://qiita.com/KZ2/items/e8f2d5a14cfedc628b8a
    • なんか「デザインするUI」みたいなのがある
  • Irisで初めて自作キーボードを作りました
    • https://blog.yfuku.com/entry/iris_build
    • 「ファームウェア」の部分に「書き込み順」がある

キーキャップ塗装

基本、元々持ってたキャップを使うので黒なのだが「意味が違うもの」をそのまま使うのは、自分が混乱しそうなので、「黒で消す」したい。

  • キーキャップを塗り替えてみる
    • https://reactionarycraft.hateblo.jp/entry/2019/07/29/012138
    • ガンダムマーカーで「指で剥げないものができる」「他の黒と違う感じにならないか」は疑問

Iris(rev.4)の固有の問題

  • Iris: はじめての自作キーボード〜失敗談とその解決方法〜
    • https://techracho.bpsinc.jp/ohno/2018_12_20/67127
  • ぼくがかんがえたさいきょうのiris keyboard Keymap (2018.9版)
    • https://yamatomura.blogspot.com/2018/09/iris-keymap-20189.html
    • ただ「コードがダダはりしてあるだけ」なので…読むのだるい

QMKまわり

  • カスタムキーマップで自作キーボードを自分の分身とする
    • https://ascii.jp/elem/000/001/645/1645504/
    • 良くよく読むと、わかりやすく、やりたいことにつながることが書いている
  • QMK Firmware で Raise/Lower と変換/無変換を同じキーに割り当てる
    • https://okapies.hateblo.jp/entry/2019/02/02/133953
    • Raise/Lowerのハナシが知りたくて調べたが…なんか難しそう
  • プログラマーではない人向けのQMK Firmware入門
    • https://qiita.com/cactusman/items/ac41993d1682c6d8a12e
  • はじめてのQMKキーマップ編集
    • https://qiita.com/marksard/items/9317949ce1da327f7436
  • QMK Firmwareのすすめ
    • https://scrapbox.io/list-memo/QMK_Firmware%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81
    • 章立てが不思議…なんかの日本語翻訳なのかな?

キーボードを迷う部分

  • 無切り替えで必要だと思われる特殊キー
    • ALT,SHIFT,CTRL,ESC,BS,DEL,ENTER,WIN,SPACE

キーマップ参考

  • https://www.codesuji.com/2019/05/12/Iris-Keyboard/
    • 右側端っこらへんが足りないな…
  • https://www.reddit.com/r/olkb/comments/933xjk/help_im_using_qmk_config_qmk_toolbox_on_my_iris/
    • 2つ目のレイヤーを「どういうテーマでキーを集めるのか」だよなぁ
  • https://blog.deltabox.site/post/2018/10/iris_keymap_now/
    • 図は無いが「なにを重要視すべきか」の参考になる
  • https://blog.yfuku.com/entry/corne_keymap
    • こちらも「人としての傾向」というところに言及している
    • 「数値入力をワンレイヤー当てはめてしまう」「中央段に配置してしまう」というのは、なかなかのアイディア

作業

はんだ付け

下記のqmkを流し込まなくても、最初から「USBに繋げば動く」ので、「はんだ付けがしっぱいしてないか」「ハード的に動くか」は、この時点でPCに接続し、確認したほうがよいと思います。

qmkビルド・流し込み

git clone --recurse-submodules --depth 1  https://github.com/kazuhito-m/qmk_firmware.git
cd qmk_firmware
./util/qmk_install.sh
make keebio/iris/rev4:default

上記をやると、以下のエラーが起こり続ける。

QMK Firmware 0.9.5
Making keebio/iris/rev4 with keymap default and target flash

avr-gcc (GCC) 5.4.0
Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

Size before:
   text    data     bss     dec     hex filename
      0   27000       0   27000    6978 .build/keebio_iris_rev4_default.hex
Checking file size of keebio_iris_rev4_default.hex                                                  [OK]
 * The firmware size is fine - 27000/28672 (94%, 1672 bytes free)
dfu-programmer: no device present.
ERROR: Bootloader not found. Trying again in 5s.
dfu-programmer: no device present.
ERROR: Bootloader not found. Trying again in 5s.
dfu-programmer: no device present.
ERROR: Bootloader not found. Trying again in 5s.

...(以下繰り返し)

ここ の情報に「Elite−C にはオンボード・リセットボタンがあるので…」という記述があり、一体型であるこのボードの裏に「ボタンは無いか?」を調べた結果、あったので上記エラーが出ている最中に押しました。

...

dfu-programmer: no device present.
ERROR: Bootloader not found. Trying again in 5s.
dfu-programmer: no device present.
ERROR: Bootloader not found. Trying again in 5s.
Bootloader Version: 0x00 (0)
Validating...
27000 bytes used (94.17%)

おそらく、書き込めたのではないか?と思います。

blog comments powered by Disqus